Aesop Shinsaibashi Daimaru store front

イソップ 大丸心斎橋店は、かつてW. M. ヴォーリズによる設計で1933年に完成した本館の建築要素に通じる部分があります 。ヴォーリズの建築デザインはしばしば、復活の象徴であるとされている八角形の形態を配していました。

イソップ 大丸心斎橋店は、かつてW. M. ヴォーリズによる設計で1933年に完成した本館の建築要素に通じる部分があります 。ヴォーリズの建築デザインはしばしば、復活の象徴であるとされている八角形の形態を配していました。

ケース・リアルによって設計されたこの店舗は、これらの要素を引用しています。広いファサードが、ミカゲ石を用いた八角形の柱へつながる、同素材でつくられた巨大な八角形のシンクへと導きます。ブラックウォールナットの家具は多角形の壁に組み込まれ、幾何学的な外観を生み出します。ファサード脇に配置された木のベンチが熟考の場を提供し、背景の壁には銅のシンクが組み込まれています。

00



'Clarity and serenity / Make something for which / There's no end in sight'

Saigyō