Winter Skin 19 LP Banner Cool

肌をいたわる冬のスキンケア

冬の寒さは肌のバランスを乱し、肌の乾燥を引き起こすことがあるため、たっぷりと潤いを補給するスキンケアが不可欠です。肌を内側から整えて自然の肌バリアを強化し、冷たい空気から肌を守りましょう。

冬は乾燥の季節

柔らかな肌へと導く
スキンケア

冬は、寒さも厳しく湿度も低下するため、肌の角質層のターンオーバーサイクルがゆっくりと進みます。肌の油分が不足しがちで、カサつき、くすみ、色ムラにつながることも。これを防ぐため、エモリエント成分配合のハイドレーターや栄養たっぷりのトリートメントオイルでケアを行い、柔らかな肌を保ちましょう。

冬は乾燥の季節

柔らかな肌へと導く
スキンケア

冬は、寒さも厳しく湿度も低下するため、肌の角質層のターンオーバーサイクルがゆっくりと進みます。肌の油分が不足しがちで、カサつき、くすみ、色ムラにつながることも。これを防ぐため、エモリエント成分配合のハイドレーターや栄養たっぷりのトリートメントオイルでケアを行い、柔らかな肌を保ちましょう。

水分の不足する肌

水分不足を補う
スキンケア

肌には自然に水分を保つ力が備わっていますが、空調の効いた屋内にいると、少しずつ肌から水分が奪われていくこともあります。これを防ぐには、保湿成分に富んだハイドレーターによるケアをお勧めします。軽いテクスチャーで、重ね付けにも適しています。

水分の不足する肌

水分不足を補う
スキンケア

肌には自然に水分を保つ力が備わっていますが、空調の効いた屋内にいると、少しずつ肌から水分が奪われていくこともあります。これを防ぐには、保湿成分に富んだハイドレーターによるケアをお勧めします。軽いテクスチャーで、重ね付けにも適しています。

冬に最適なスキンケア

軽い質感


冬は乾燥や肌荒れを起こしやすく、外気による刺激も受けやすい季節のため、毎日のケアに優しいアプローチが必要です。寒いとはいえ、あまりに高温のお湯を使うのは避けましょう。皮膚の自然なバランスを崩しかねません。ぬるま湯ですすぎ、シャワーの温度も低めに設定することをお勧めします。こうしたシンプルなケアを続けて肌の油膜を維持し、うるおいを外へ逃さないよう気を付けていきましょう。
 

 

適量を使うことが大切


イソップのクリーム、セラム、ハイドレーターは、ティースプーン半分ほどの量で額から首まで十分にカバーできます。トリートメントとして、オイルのみを使用する場合は3〜5滴が適量。さらに効果を高めたい場合は、お好みのハイドレーターを重ねてお使いください。
 

 

保湿は体の内側と外側から


肌の自然な保湿力を高めるため、スキンケアの他、毎日の食事にも気を配りたいものです。カリフラワー、大根、ほうれん草などの水分に富む食材を取り入れ、バラエティ豊かな食事を取るよう心がけましょう。一日を通して水を飲むことも大切です。これに温かいジンジャーティーや、お好きなハーブティーをプラスするとさらに効果的です。

Winter Skin illustration

‘The frost performs its secret ministry, Unhelped by any wind.’

Samuel Taylor Coleridge