「エピステミー (Epistēmē)」は、オランダ人アーティスト、バート・ヘスとのコラボレーションによる3本の新作ショートフィルムを盛り込んだ、五感を呼び覚ますインスタレーションです。

ショートフィルムでは、イソップ製品の中でも特に評判の高い3つのスキンケアプロダクト、フェイシャル ハイドレーティング リーム 54、フェイシャル ハイドレーティング マスク 59、フェイシャル エッセンス 60が、肌にどのような作用をもたらすのかご覧いただけます。

タイトルの「Epistēmē」は、古代ギリシャ語で知識と理解を意味しています。このインスタレーションは、肌が体と外界との接点となることで、人は感覚を通して知識を吸収するという考えのもとに生まれました。

イソップはこの考えにインスピレーションを得て、ギャラリースペースを感覚を表現するシアターとして再構築しました。アロマ、リッキー・ファン・ブルクホーフェンによるサウンドデザイン、質感、彫刻、バート・ヘスのフィルムを通して、イソップの製品が肌に触れた瞬間を表現しています。

人は肌と五感を通して知識を吸収するという考えから生まれた、五感を呼び覚ますインスタレーション

アイオン・オーチャードの地下3階にあるイソップ直営店にもお越しください。イソップのスキンケア製品を手に取り、テクスチャー、香り、感触をお試しいただけます。専門のコンサルタントがお客様のニーズに合わせたスキンケアをご提案いたします。

バート・ヘスとイソップ:
肌と感性が生みだす魅惑の世界

バート・ヘスは素材の可能性を引き出しさまざまな変化を与えるアーティストです。また、さらけだした人間の体を媒介に新しいテクノロジーを表現するコンセプチュアルアーティストでもあります。薄気味悪さがありながらも刺激的な魅力あふれる彼の作品は、私たちにまったく新しい感覚を体感させてくれるでしょう。

ヘスは過去10年間にわたり、素材について研究を重ね、さまざまな素材の組み合わせも試みてきました。まったく新たな方法で肌を刺激し欲望を呼び覚ますことで、肌の本質を露にする素材を追求し続けています。インスタレーション、パフォーマンス、写真を通じて、こうした斬新な「素材」を見せてくれています。彼の作品を見ると、素材が静止状態にあっても素材の持つ生物学的な動きや質感が伝わってくるように感じられます。

‘All our knowledge begins with the senses.’

Immanuel Kant