Epistēmē:
A sensory installation, unveiled at Aesop Queen Street West

You are invited to visit Aesop Queen Street West to experience ‘Epistēmē’—an evocative, sensory installation featuring seven short films created in collaboration with Dutch artist Bart Hess, as part of the DesignTO Festival.

Named after the Ancient Greek word for knowledge and understanding, the installation was born of the belief that we absorb knowledge through the senses, with the skin acting as an interface between the body and the world around us.

Inspired by this understanding, Aesop reimagined the space as a theatre of the senses, portraying the moment Aesop formulations touch the skin’s surface through aroma, with sound design by Ricky van Broekhoven, tactile materiality, sculptural intervention, and Hess’s film work.

バート・ヘスとイソップ:
肌と感性が生みだす魅惑の世界

バート・ヘスは素材の可能性を引き出しさまざまな変化を与えるアーティストです。また、さらけだした人間の体を媒介に新しいテクノロジーを表現するコンセプチュアルアーティストでもあります。薄気味悪さがありながらも刺激的な魅力あふれる彼の作品は、私たちにまったく新しい感覚を体感させてくれるでしょう。

ヘスは過去10年間にわたり、素材について研究を重ね、さまざまな素材の組み合わせも試みてきました。まったく新たな方法で肌を刺激し欲望を呼び覚ますことで、肌の本質を露にする素材を追求し続けています。インスタレーション、パフォーマンス、写真を通じて、こうした斬新な「素材」を見せてくれています。彼の作品を見ると、素材が静止状態にあっても素材の持つ生物学的な動きや質感が伝わってくるように感じられます。

‘All our knowledge begins with the senses.’

Immanuel Kant