Aesop Sydney City store interior

花崗岩は地元の石工が切り出したもので、自然の質感と人の手を加えた質感の両方を巧みに表現しています。

世界的に定評があるスノヘッタ設計事務所とのコラボレーションにより誕生したイソップ シドニー店は、ピットストリートに位置し、イソップの歴史を称えます。創業 30 年を超えるイソップの歴史を象徴する店舗であり、次なる段階へ進む旅路を照らす光のような存在であるとも言えます。店舗の外観には砂岩を使用し、内部は荘厳な花崗岩で包み込むように仕上げました。このデザインは、クリストとジャンヌ=クロードの作品「Wrapped Coast(梱包された海岸)」(1968~1969 年制作)へのオマージュです。夫妻はシドニーのリトルベイで、頭上に月が光輝く砂岩で覆われた崖を舞台に、梱包アートを創りました。イソップシドニーは、にぎやかな都会に現れた、雄大で静かな海岸のような存在となるでしょう。

シドニーの地質はほぼ砂岩ですが、イソップの店舗が位置する中心的なビジネス街の敷石には、強度と耐久性で知られる火成岩の一種である花崗岩が使用されています。店舗のファサードには砂岩と花崗岩の両方を使用し、やわらかいコントラストを演出しました。花崗岩は地元の石工が切り出したもので、自然の質感と人の手を加えた質感の両方を巧みに表現しています。

店舗に一歩足を踏み入れると、花崗岩を使った広い空間がお客様を包み込みます。シンクを備えた大きなステンレス製のカウンターで、植物由来成分やイソップが研究を積み重ねて開発した成分を使用した高品質のスキンケア、ヘアケア、ボディケア製品を心ゆくまでお楽しみいただけます。店舗の中心にある石の階段を上っていくと円形のスペースがあり、お客様はそこで映像を楽しんだり、一休みしたりなど、リラックスした時間を過ごすことができます。また、3 つのシンクを交互に配置することでゆったりとしたプライベートな空間を生み出しました。自宅にいるようなリラックスした雰囲気の中で、豊富な知識と経験を持つコンサルタントが、イソップのスキンケアに関する考え方、製品と使用法についてご案内いたします。

Slideshow links - for visual effect only:
Slideshow links - for visual effect only:
00


‘If you have loved a brave story / Tell it but rarely: / And, with due faith in its glory / Render it barely.’

Lesbia Harford